あがり症、赤面症の克服方法を教えます

初めて話す人や多くの人の前で自分が話をしたりするときにあがり症赤面症で悩んでいる人がいると思います。

多くの人がそのあがり症、赤面症について原因分析をしていません。

あがり症のことを分析していくことができればおのずと克服方法が見えてきます。

あがり症は血液中のノルアドレナリン値が急激に上がることで起きる現象です。

そのことは普通の人でも起こることなのですが、症状がひどい人になると普通の人よりすごく上がってしまうらしいです。

たくさんの人に見られるとあがり症の人は顔が赤くなってしまいますが、一人の人に見られたりするだけでもなってしまいます。

そうするとはげしい動悸や発汗、震えなどが起きてしまいます。普通の人は全く平気なことでも病気の人になると人に見られることでも病気が発症してしまいます。

これは周りの協力も必要になってきます。

あがってしまって顔が赤くなってしまっていてもそのことを指摘するのではなく待ってあげることが必要です。

あがり症を「治す」方法はない

あがり症の克服方法はこれをすれば治るというものはあまりありません

しかし病気になってしまう人の多くは周りの人の評価をすごく気にしているように思います。

人のことを気にしすぎて本当の自分を出せなくなっていることがあるので深呼吸をしてあまり神経質になるのではなく、周りのことを気にしないで気楽にしてみることが良いです。

気持ちが少し変われば体質も変わってくると思うのでいいです。

http://kiwi.mints.ne.jp/が参考になりました。